インフルエンザ対策 加湿器

消化器の病〜癌から胃炎まで〜

プロフィール

消化器内科の肩書を持ちながら総合内科として働いている庶民派の医師。過酷な労働時間がとにかくしんどいが、空き時間を使って情報発信していきます。

消化器内科の医者がよく出会う病気を解説。気にしなくてよいものから治療までを教えます 胃炎や胃癌、ポリープや大腸癌など日常でよく診断されるものからそこそこ見られる疾患まで解説していきます。 日常短い診療時間ではなかなかすべてをお話しすることが困難であり、ネット上にもよく医療に関しての質問を見ることがあります。 私なりの見解をブログ上で載せることで少しでも皆さんのお役にたてればと思っています。 ご意見等ありましたら連絡先よりご連絡お待ちしております。

あくまでも私個人の見解で載せています。

個人ごとに病態は違いますので詳しいことは主治医にご相談ください

胃腸の病気専門サイト

現役看護師さんが胃腸の病気についてまとめたサイトです

大腸がんの症状と基礎知識
大腸がんの基礎知識や症状、治療法、検査などを解説したサイトです

<
Sponsored Link

インフルエンザ対策 加湿器

インフルエンザ対策として加湿器は手軽で簡単にできるいい方法と思います。

よく言われているのが、湿度40%以上に保つとウイルスの繁殖を抑えれると言われています。

今の世の中では、様々なメーカーがいろんな種類を出していますね。

その中でも私は
プラズマクラスターがいいのでは?と思います。

プラズマクラスターとは

『マイナスイオンがブームであった時代に、シャープは同様に大気中の「イオン」に対して、特に自社のイオン発生器が生成するイオンをプラズマクラスターイオンと命名した。
シャープではプラズマクラスターイオンに除菌や脱臭の効果があるとしており、空気清浄機やエアコン、冷蔵庫などの分野において、イオン発生器を組み込んだ製品を展開している。
開発者による技報[2] によると除菌効果は、放電で同時に発生したオゾンによるものではなく、正イオンと負イオンの反応により生成した活性酸素(OHラジカルなど)のタンパク質変性作用がウイルスを不活性化するとしている。従い同社では「マイナスイオン」という用語ではなく、同社の特許技術[3]である「プラズマクラスター」というシャープの登録商標を使用している。
「除菌効果の実空間での実証」が開発者以外の第三者によってなされた科学論文は2007年現在のところ存在しない。同社は、広島大学、大阪市立大学、ハーバード大学、ソウル大学など国内外の複数機関で研究を行い効果を実証しているとしている[4][5]。新型H1N1インフルエンザウイルスに対しても2時間の照射で99.9%抑制するなどの効果を検証している[6]』

提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Sponsored Link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。